ISSEI ブレイクダンス | #偉大なる小さな一歩

相手を倒すことよりも、自分が楽しむことの大切さに気がついた。

Red Bull BC ONE 2016
世界チャンピオン

自分の殻を破り、変わったと感じたのは、
高校を卒業して東京に出たときです。

高校時代は学校やスタジオ、
チーム練習などに追われていて、
自分の時間を作ることができなかったのですが
東京に出てからは自分の好きなことに
フォーカスできるようになりました。

高校時代まではダンスの大会に出ても、
結果を残すことだけを考えていて、
大会に出たらこうしなければいけない、
勝たなければいけないと思っていました。

ただ、東京に出てきて好きな大会だけに出たり、
自分の時間が増えたことで
ダンスに対する考え方が変わりました。

変わった事は、
やはり自分が好きなことをしているので、
自分の好きなスタイルで
戦わなければいけないんだなって
考えるようになったこと。

大きな大会に出ても、勝つことよりも先に
自分が楽しまなければいけないって。

Red Bull BC Oneの時も
優勝することを考えず、
出場者の中で1番目立ってやろうと思ったり、
「僕」というキャラを
バンバン出してやろうと思ってました。
それで結果が出たのでよかったと思ってます。

なので、このような結果が出たのも
東京に出てから自分の考え方が
変わったからだと思ってます。

ISSEIの人生を前に進めた
「偉大なる小さな一歩」に迫る。

ISSEI

ブレイクダンス

1997年6月1日生まれ

福岡県出身。6歳からダンスを始め、ブレイクダンス世界大会「R-16」で大会史上初の三年連続世界チャンピオンに輝き現在も連覇記録を保持。2016年12月にB-Boy世界一を決める大会、「Red Bull BC One」において、日本人初となる世界チャンピオンに輝いた。

ISSEIをフォローしよう

ISSEIを起用した、
レッドブルのブランドムービー。